イベントを更に盛り上げよう

夏祭りや球場などでも利用されているイベントステージ。地域のお祭りやイベントでも利用すればお客さんが更に盛り上がりイベントの活性化に繋がります。イベントステージを利用したいけれどよくわからないという人の為によくある質問やコラムをまとめました。利用する際の参考にしてみてください。

イベントステージを利用したい人によくある質問

アルミ製ステージの耐久性はどうなの?

ステージの大きさによって耐えられる重さに違いがありますが、一般的な大きさの900×600ミリの大きさで約2トンの重さに耐えることが証明されています。

アルミ製のステージで人が踊ったりしても音がしないか気になる

緩衝材のラバーがあるので、音がすることはありません。

大きさはどのくらいまでできるの?

特殊な大きさの場合は設計から注文する事ができます。

ステージ

様々な催しができる

イベントステージは至る所で見かけられます。小規模なものもあれば大規模なものもあるので、用途や目的に合わせて使い分けてみるといいでしょう。もちろんイベント内容に合わせることが大切です。据え置きタイプもありますが、急遽、作ることもできます。これは専門業者に依頼すれば簡単につくれるので便利です。簡易的なものもあり、組み立てもバラしも楽なので、短時間限定で設置することも可能です。このような理由から、様々な催しができるようになっています。

専門業者がある

イベントステージは専門業者に頼めば簡単に設置してくれます。いろいろな設置方法があるので、専門業者に相談してみましょう。規模も自由に選択できます。アイドルのイベントもあればゆるキャラのイベントもあることでしょう。ステージの大きさによって観覧席もあわせて設置することができます。何から何まで組み立ててくれるのでとても便利です。ただし、規模によって費用もかなり違ってくるので、まずは見積もりを取りましょう。予算を組んでからの発注がおすすめです。

盛り上がって便利

イベントステージを利用する目的はそれぞれ異なります。何らかのイベントを開催するにあたって、ステージがあった方がいいということもあるでしょう。お立ち台のような形になるので、コンサートやトークショーなど、いろいろな用途で利用できるところが何よりも便利です。それに、観客席から一段高く作られることが多くなっているので目立ちます。これがあるのとないのとではイベントの盛り上がり方もかなり違ってくることでしょう。

企画しやすい

イベントステージはイベントを企画するにあたって必ずといっていいほど、持ち上がってくるものです。これがあると、イベントも企画しやすくなります。ステージで何をやるか、何をやれば盛り上がるのか、ステージの規模に合わせて考えることもあるでしょう。また、いくつかステージを設置することもあります。それによって大きな会場でも複数箇所でイベントが盛り上がることでしょう。

広告募集中